ひびひびもんもん

日々日々悶々と書き散らしながら

考えたこと

ホームベーカリーを買ったけど目的ものとは違って、四苦八苦しながらも調理したが結局失敗して泣きそうになった話。

ホームベーカリーを買った。名前はパナソニック ホームベーカリー 1斤タイプ ブラウン SD-BMT1001-T。ホームベーカリーといえば、材料さえ入れておけばパンを作ってくれるお手軽機械だ。だが、今私の目の前にあるのは熱々の"何か"の塊だった(お妙さんのダー…

車のバッテリーが上がったけど何とか解決。焦燥、羞恥、安堵、んで猛省。

新年早々やってしまいました……。今回は車のバッテリーを上げてしまい、四苦八苦しながらも何とかなったというお話です。 あれ? 前回にも似たようなタイトルの記事がありましたね。 <a href="http://rinya.hatenablog.jp/entry/daturin_episode_polic…

【WEBデザイン】記事に適した画像と、サムネイルに適した画像は異なるんじゃない?

前回の記事(【WEBデザイン】リンク文字のアンダーラインは可読性を低下させるんじゃない? - Fラン建築学生の妄想)のように、ブログのデザインについて悩んでいる際に気づいたことです。記事に適した画像と、サムネイルに適した画像は異なると思ったんです…

【WEBデザイン】リンク文字のアンダーラインは可読性を低下させるんじゃない?

ブログのデザインについて悩んでいるのですが、テーマを一括で変える変更点が多すぎて辟易しています。そんな模索の中で気になったのが、リンク文字のアンダーライン。アンダーラインが付いているリンク文字を見ると読みにくいと感じたのです。 このブログを…

「ずっと ずっと 卑怯じゃない人間になりたかったんだ」という言葉に心底共感した。『ちはやふる』(末次由紀)より。

タイトルの言葉は、漫画『ちはやふる』の「真島太一」のセリフです。 (アニメ公式サイトより) 真島太一はヒロインである「綾瀬千早」に小さいころから恋していました。恋のライバルである「綿谷新」と花札で対決する直前、太一は相手のメガネを隠します。…

車が脱輪して警察とレッカー車を呼んだ。焦燥、羞恥、安堵、んで猛省。

最近、卒業研究の調査で車をよく使います。先日、車を脱輪させてしまい、警察とレッカー車を呼んでなんとか事なきを得ました。その間、焦燥、羞恥、安堵、猛省など様々な感情・行動が湧き上がりました。これはその記録です。 午前中、目的地に向かい堤防沿い…

犬の散歩でスコップを持っておくだけで使わない飼い主の心理。大切なのは努力すること。

テニスをしていたら、テニスコートの端に犬が糞をしていきました。リールはついておらず、近くに人はいません。 絶賛テニス中の僕達は「おいおい勘弁してくれよ」と思ったわけですが、周辺を見回してみるとスコップを持った飼い主が歩いていました。良かった…

いつから電車で化粧する人を不快な目で見るようになったんだろう。

ほぼ毎日、電車に乗っています。 電車で化粧する人っていますよね。手鏡を使いながら、ある人は整然と、ある人は焦りながら、ある人はイライラしながら化粧をしていきます。 そんな人を見ると、負の感情ばかり湧いてくるのです。「家でやってこいよ」「公共…

「奨学金」という名前は不適切。「学生借金」に変えるべき。

奨学金は、ただの借金です。 僕の通っている大学の多くの人が奨学金を借りています。人によっては大学の学費のほとんどを奨学金で賄っている人もいるので、卒業時には300万円前後借金がある人は結構います。しかも利子付きです。 また、卒業時700万円の借…

相手に伝わる文章とは。僕が教育実習で担当した生徒に送った文章とその考察。

2014年の6月に教育実習を行ってきました。 色紙を書いて貰ったのもあり、自分なりにお礼と、高校一年生の彼らに伝えたいことを書いて送りました。 今回の記事はその文章の内容と、文章の目的、引いては伝わる文章とは何なのかについて書いていきます 一年生…