ひびひびもんもん

日々日々悶々と書き散らしながら

【身の程知らず】全然見られてないけど、個人的に読んで欲しかった記事4選。

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:ncxjsufid:20141213002651j:plain

「紹介記事なんて100年はえーよ。つか30記事書いたからなんだんだよ。そもそも一ヶ月しか経ってないだろ。なによりそんな紹介できるような記事書いてるのかよ。」とかそんな罵詈雑言が飛んでこないかヒクヒクしながら書いてます。ごもっともな主張なんですが、自分なりに記事には一つ一つ思い入れがあり、できれば多くの人に読んでもらえればそれに越したことはないかと思ってます。なので遠慮無く紹介させてもらいます。

 

人間の思考は自由なのか? その条件とは?

漫画『ぼくらの』の一節を紹介した記事。思考の自由さと可能性、それが可能な期間について書いてあります。とても心に響く文章ですので、是非読んでみてください。

 

自分自身の思考や行動は、本当に自分自身が考えて行っていることなのか。


ふと思った話です。電車で化粧する人は一般的に良くないことだとされていますが、僕自身がそう思っていたのはなぜなのか、考えてみました。

自分自身が知覚していない「良くないだろう」という謎の空気に、自分の感情を左右されていると思うと、何だか急に情けなく思えてきました。

 

大切なのは努力すること。


たまたま被害を受けたので書いてみました。犬の散歩でスコップを持っておくだけで使わない飼い主の心理のプロセスは何なのか。結局、大切なのは努力することなのではないかと書いています。そこそこ、的を射てるんじゃないかと思ってます。

問題をすり替えるでもなく、歪んだ正当化をするでもない、自分自身の出来る範囲で「努力」すること、そして、その環境が整っていることが飼い主の条件なんだなーと感じました。

 

本の表紙を色彩的目線で分析する。


これ、地味に時間がかかった記事です。大学の講義レポートを参考にして書いた記事なのですが、画像を一枚一枚用意するのが手間でした。でも、その分分かりやすい内容になったと思いますので、本の表紙について考えてみたい人は是非。

正直、本一冊の表紙から「ここまで読み取ることができるのかぁ」と驚きました。

 自画自賛?

 

というわけで、全然見られてないけど、個人的に読んで欲しかった記事を紹介しました。記事によって自分自身の温度差は色々ですが、どの記事もそれなりに熱を入れて書いていると思っています。読んで損はさせない(?)のでよければどうぞ。

ではまた。

 

高校生に読んでほしい50冊 2014

高校生に読んでほしい50冊 2014