ひびひびもんもん

日々日々悶々と書き散らしながら

【WEBデザイン】記事に適した画像と、サムネイルに適した画像は異なるんじゃない?

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の記事(【WEBデザイン】リンク文字のアンダーラインは可読性を低下させるんじゃない? - Fラン建築学生の妄想)のように、ブログのデザインについて悩んでいる際に気づいたことです。記事に適した画像と、サムネイルに適した画像は異なると思ったんです。

 

サムネイルとはSNSWEBサービス、ブログのサイドバーなどで縮小されて表示される見本画像のことです。はてなブログでは「アイキャッチ画像」という名前になっています。一般的には記事の中の一番最初の画像が適用されますが、自分で変更することもできます。しかし、この変更範囲ですが多くのブログサービスで記事内の画像しか選択できないんです。

別段問題ないように思えるかもしれませんが、記事に適した画像と、サムネイルに適した画像が異なる場合は、少々厄介です。

このブログを例にしていきます。

f:id:ncxjsufid:20141213002651j:plain

上の画像は、過去にブログの記事に貼り付けた画像です。僕の中のイメージでは線が太く、無骨なイメージが感じられます。このブログがイメージしている内容とはちょっと違うかなと感じていました。

しかし、

f:id:ncxjsufid:20141215224446j:plain

サムネイルの大きさまで小さくすると、案外としっくりとくるんですね。無骨なイメージは消え、見やすい画像になっています。もう一つ画像を例にします。

 

 

f:id:ncxjsufid:20141119101340j:plain

こちらも同じく、過去にブログの記事に貼り付けた画像です。僕の中のイメージでは線が細く、シャープなイメージが感じられます。このブログがイメージしている感じかなとなんとなく思いました。

しかし、

f:id:ncxjsufid:20141215224507j:plain

サムネイルの大きさまで小さくすると、案外としっくりきません。シャープと言うよりは、何だか分かりにくい画像なっています。おまけに、サイドバーのサムネイルが正方形に設定してあるので、上下が切れてしまい、余計に分かりにくくしています。まあ、多くのメディアは正方形か4:3、若しくは16:9ですけどね。

 

SNSWEBサービスが発達し、シェアされる媒体が多くなってきました。たくさんシェアされて「バズる」なんてこともあります。そんな場合にまず表示されるのがサムネイルです。何千何万の人に表示され、その中で「サムネイル」「タイトル」「文章」のどこかに興味を持ってくれた方がサイトを訪問してくれます。

画像は文章よりも多くのことを語ります。画像による波及効果は時に計り知れないものがあります。サムネイルはあくまで ”見本” なので当たり前なのかもしれません。でも、WEBサービス側はサムネイルを別に設定できるようにブログを書く側はシェアされることを前提に適した画像を選択・制作していくことが必要なんじゃないかと思いました(特に1つの記事にめっちゃ熱量を注いだ時とか!)。

ではまた。