ひびひびもんもん

日々日々悶々と書き散らしながら

【1月31日公開!】映画『マエストロ!』先行レビュー。確かなメッセージ性を持つ良作。

このエントリーをはてなブックマークに追加

1月31日に公開予定の映画『マエストロ!』を見てきました。先行試写会に参加したので、公開前に見ることができました(ラッキー)。

f:id:ncxjsufid:20150109233605j:plain


内容をレビューとか感想を書いていきます。ネタバレあります。

 

マエストロとは。

若きヴァイオリニスト香坂のもとに、解散した名門オーケストラ再結成の話が舞い込む。だが、練習場は廃工場、集まったメンバーは再就職先も決まらない「負け組」楽団員たちと、アマチュアフルート奏者のあまね。久しぶりに合わせた音はとてもプロとは言えないもので、不安が広がる。そこに現れた謎の指揮者、天道。再結成を企画した張本人だが、経歴も素性も不明、指揮棒の代わりに大工道具を振り回す。自分勝手な進め方に、楽団員たちは猛反発するが、次第に天道が導く音の深さに皆、引き込まれていくだが、香坂は名ヴァイオリニストだった父親が死んだ裏には天道が関係していた事を知り、反発を強めてしまう。あまねのひた向きに音楽に取り組む姿勢を目の前にしながらも素直になれない香坂。

そして、迎えた復活コンサート当日、楽団員たち全員が知らなかった、
天道が仕掛けた“本当”の秘密が明らかになる――。

 公式サイト”STORY”より

 

はい、長いですね。ざっくり簡単に言うと、

「下手なオーケストラが奇想天外な指揮者とかみんなが頑張って上手なオーケストラになってく話、あと秘密もあるよ」

です。本当にざっくりですよ?

 

 あと、もう一個ざっくり言うと、のだめカンタービレ』の序盤に似てます。「弱小オーケストラ」「奇想天外な指揮者」「イケメン秀才主人公」「天然ヒロイン」と四拍子揃ってます。ただ主人公とヒロインの恋愛は、今回の映画では描写はなかったですけどね(のだめでは絡みまくり)。

f:id:ncxjsufid:20150121164633j:plain

 

で、どうだったのか。

簡単に一言で表現すると「まーまー良かったかな」です。

なぜこの評価に至ったのか、説明していきます。

 

”立ったキャラクター”

キャラクターは、どの人も一癖も二癖もある印象で、とても”立って”いました。主人公の香坂真一役の「松坂桃李」(ヴァイオリン)さんはクールな求道者を、天道徹三郎役の「西田敏行」(指揮者)さんは奇想天外で時に真剣なキャラクターをしっかりと演じられていました。

 

特にヒロインの橘あまね役の「miwa」(フルート)さんは初めての演技にも関わらず、キャラクターの天真爛漫さと方言を見事に演じていたように思います。他の出演者の方々も、本当にキャラが立っていました。

f:id:ncxjsufid:20150121161851j:plain

 

割りと普通のストーリー。

普通のストーリーでした。

 あらすじ読んで少し妄想したら、ほとんど分かってしまうレベルじゃないでしょうか。伏線の貼り方に問題があるのか、起伏はあるのですが、特別予想外というわけでもなく、あーそーなるかもなーって感じです。

 

ふつーに面白くて、ふつーにイイ話なんですが、特別ストーリーが優れているわけではないと僕は感じました。

 

説明不足? 細かいストーリーの破綻。

・コンサートのチケット売れなくね → なぜかコンサートは満員

・満員(?)らしいコンサートの客 → なぜか指揮者の妻一人に(帰らせたの?)

 などなど、他にも細かい所で気になる点がありました。大枠のストーリーはつながっているのですが、細かい所ではつながっていな感じ。人によっては気にならないのかもしれませんが、僕は結構気にする方です。

 

少なくとも緻密に伏線が散りばめられた映画ってタイプではないです(ってそれは予告を見れば分かるか)。多分、緻密というより丁寧さに欠けているような気がします。

 

天籟(てんらい)が物凄かった。

ここは本当に物凄かったです。

天籟(てんらい)」とは映画の中で出てくる、おそらく主題となる単語です。「音のない音、静寂の中宇宙から降り注ぐ音」という意味でこの作品では使われています(あまり一般的な意味では無いようです)。

 

簡単に言うと、「演奏が終わった後の余韻に聞こえる素晴らしい音」ってことです。この天籟」は本当に集中し、没頭し、生涯でこの演奏が最後って思って演奏した時にしか聞こえない音なんだそうです。

 

映画の最後にシューベルトの「未完成」が演奏されます。主人公(松坂桃李)の原体験(父親のヴァイオリンの音)や、練習の中で指摘された「毛三本で弾く」のシーンなど映画で表現された様々なシーンがこのコンサートシーンで想起されていました。それまで体験してきた様々な出来事を踏襲しながら、「天籟」という一つの糸に集約されていきます。

 

オーケストラの最高の演技を見ながら、指揮が終わってゆっくりと天井に向けたブラックアウト。そこから写される主人公(松坂桃李)のと指揮者(西田敏行)恍惚とした表情は凄かったです。僕にも映画の中の人と同じように「天籟」が聞こえた気さえしました。

画面構成と演技が見事に相まり、それぐらいの凄みがあったのです。

f:id:ncxjsufid:20150121162232j:plain

 

そもそもこの映画が重視していたのが演奏シーン、特にコンサートのシーンだったようで、先に上げたストーリーや、その繋がりなどは大切な点ではなかったのかもしれません。 

 

というわけで、僕なりには「まーまーよかったかな」という評価に至りました。天籟」は凄かったけど、ストーリーの単純さや繋がりなどはやっぱり気になったので。でも、なんだかんだオススメします! 前売り券を買うとおトクみたいですよ。

 

 

劇場情報や、ストーリー、キャスト、動画(予告等)などがまとまっています。プロダクションノートは必見。

映画『マエストロ!』公式サイト 2015年1月31日(土)全国ロードショー

最新情報が投稿されています。インタビューなんかも地味にありますね。

マエストロ! | Facebook

最新情報がつぶやかれてます。実際に見た人の感想をリツイートしているので、参考になるかも。

映画『マエストロ!』 (@maestro_2015) | Twitter

 

 

さてさて、映画を見たら原作の漫画。読んでみたくなってきました。割りと絵も好きかも。

天籟」がどのような表現をされているのかは、かなり気になりますね。

ではまた。