ひびひびもんもん

日々日々悶々と書き散らしながら

いつから電車で化粧する人を不快な目で見るようになったんだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:ncxjsufid:20141126132547j:plain 

ほぼ毎日、電車に乗っています。

電車で化粧する人っていますよね。手鏡を使いながら、ある人は整然と、ある人は焦りながら、ある人はイライラしながら化粧をしていきます。

そんな人を見ると、負の感情ばかり湧いてくるのです。「家でやってこいよ」「公共の乗り物だぞ」「他の人への迷惑を考えろ」「そこまでして化粧したいか」など頭のなかに罵詈雑言が浮かんできます。

 

でも、ふと考えると、「電車の中で化粧をする」という行為によって僕自身が被害をうけたことなんて一度も無いんですよね。んで、実際に被害を受けている人もそう多くはないと思うわけです。公的に禁止になっているわけでは無いし(ポスターはありますが)。少なくとも僕の知り合いは被害にあっていないし、化粧をすることで受ける被害を僕は知らないし、ぱっとは浮かばない。

じゃあ何でその人達を邪険な目で見ようになったかと言うと、多分それがマナーだから。一般的に良くないと言われていることだから。それは、どこかの誰かが「電車の中で化粧をする」という行為によって被害を受けたり、不快になったりして、それが口コミなりネットなりで広まっていった結果なのかなと思うのです。

 

自分自身が知覚していない「良くないだろう」という謎の空気に、自分の感情を左右されていると思うと、何だか急に情けなく思えてきました。

もっと自分の感情を大切にしたいと思う、今日この頃です。